検索
  • mahominami81

クライルトレッキング部 湯沢

※当記事は2015年11月に執筆されたものです。

サトウです。

本日は、新幹線で越後湯沢へ行き、湯沢高原トレッキング湯沢Ⅰコースを歩き、

健保組合の施設(トスラブ湯沢)に宿泊してゆっくり温泉に浸かり、翌日すぐに帰る

計画で4名でトレッキングに行ってきました。






新幹線越後湯沢駅9:08に到着し、いったんトスラブ湯沢に寄ってから、登山口に向かう。










10:15 湯沢Ⅰコース入口

準備体操???をしてトレッキングスタート。



















スタート後約40分は、ほぼ平坦な(むしろ下り)杉木立の中や清流沿いを

4人で楽しく会話をしながら紅葉が始まった中を歩きます。

スタート直後は、曇っていた空も徐々に晴れて、気持ちよく歩きます。













途中、大峰の原水で喉を潤し、コバルトブルーキャニオンに見とれながら

11:30 栄太郎登り口に到着。










ここから、鹿飛橋にいったん寄ってきます。

しかし、これが途中倒木があり迂回しながらの上級者向け登山道です。













11:55 鹿飛橋に到着。























鹿飛橋から見るダブルキャニオンロックは、素晴らしい。

絶景を堪能し、栄太郎登り口まで戻ります。

後から考えたのですが、ここで昼食を取らなかったことが、

これからの登りでヘロヘロになってしまう原因です。

エネルギー補給の大切さを実感しました。















栄太郎登り口より、美しいブナ林の中を栄太郎峠目指し登ります。

しかし、まだ昼を食べていなかったのと、途中平坦な休憩場所がなかったため、

体力が無く栄太郎峠までかなりの時間がかかってしまいました。













14:00 栄太郎峠に到着。

ここでやっと昼食です。約30分の休憩。















15:20 アルプの里に到着。

ここは、ゴーカートやボブスレーなどのレジャー施設があり、家族連れが

マイカーやロープウエイなどの利用で賑わっていました。










16:00 ロープウエイ乗車。

下りは、166人乗りのロープウエイで下山です。素晴らしい眺めが広がります。

この後、宿へ帰り、温泉でゆっくりし、美味しい料理とお酒を頂きました。

仲間とアウトドアは、本当に楽しい。

次はどこへ行きましょうか?